診療放射線技師

放射線を使った検査や治療

どんな仕事?

診療放射線技師(Radiological technologist)は、主に放射線を使った検査や治療を担当します。一般的なX線撮影をはじめ、放射性医薬品を体内に入れて撮影するラジオアイソトープ検査や、身体の断面を撮影するコンピュータ断層撮影(CT)、放射線を使わないMRI検査なども担います。がんの治療を目的に医師の指示のもとで、放射線照射を実施することもあります。患者の安全を守る放射線の「安全管理」のエキスパートです。

つくには?

診療放射線技師の国家資格が必須です。国家資格を取得するための試験を受けるには、受験資格を得ることが必要です。受験資格を得るには、高校卒業後、大学・短大・専門学校などの養成施設で3年以上必要な知識と技能を修得するか、大学の診療放射線技師要請課程で4年間修学する必要があります。

関連学科

臨床検査学科 など

関連記事

ページトップへ