歯科衛生士

この仕事のインタビューを読む

関連記事を読む

歯や口周辺の様々な疾患をケアする

どんな仕事?

 口腔内の健康を保つために、むし歯や歯周病をはじめとした歯科疾患を防ぐ「歯科予防処置」を施し、正しい生活習慣やセルフケアの方法を身につけるための「歯科保健指導」を行うのが歯科衛生士の主な仕事です。歯磨き指導を中心とした歯口清掃法の指導のほか、食べ方や噛み方を通した食育支援、高齢者や要介護者の咀嚼や飲み込み力を強くする摂食・嚥下機能訓練なども行います。

つくには?

 歯科衛生士になるには、歯科衛生士国家試験に合格する必要があります。高校卒業後、大学、短大、専門学校等の文部科学大臣または都道府県知事指定の養成施設で3年以上学び、必要な知識と技能を修得することにより受験資格が得られます。または、外国の歯科衛生士学校を卒業するか外国の歯科衛生士免許を取得し厚生労働大臣の認定を受けると、歯科衛生士試験が受験できます。

関連学科

歯科技工士科 など

関連記事

ページトップへ