義肢装具士

装具で社会復帰を支援

どんな仕事?

障がいで失った手足の機能の代わりをする義手・義足・コルセットなど治療用の装具を製作し、利用者が社会復帰できるよう、リハビリを行う専門職です。製作、身体への適合はもちろんのこと、適合に際して、義肢の場合の不安定さをなくしたり、利用者に対する心のケアも行います。

つくには?

指定の養成施設を卒業し、国家試験を受験して資格を取得します。多くは義肢装具メーカーに就職します。メーカーの職員が資格取得を目指す場合も多く、また最近ではチーム医療の一員と見なされる場合が増えてきました。

関連学科

義肢装具士科、義肢 装具士学科 など

関連記事

ページトップへ