診療情報管理士

医療の安全管理になくてはならない存在

どんな仕事?

カルテをはじめとする院内の診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する仕事です。それらの情報を加工し、病気や診療統計をまとめ、研究や広報のために提供することもあり、多くの患者が訪れる大規模な病院では専門職として勤務する場合もあります。コンピュータの操作スキルはもちろん、医学知識、診療情報に関する読解力も求められます。医療の安全管理、質の向上になくてはならない仕事です。

つくには?

四病院団体協議会(日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会)および医療研修推進財団が資格付与する「診療情報管理士」資格を取得すると有利です。この資格を取得するには日本病院会が認定する専門学校や大学を卒業して試験に合格するのが早道です。

関連学科

診療情報管理士科 など

関連記事

ページトップへ