助産師

この仕事のインタビューを読む

関連記事を読む

妊婦のお産を助ける

どんな仕事?

助産師の仕事は、その名のとおり「お産を助ける」ことで、主に妊娠や出産に関わります。助産師の国家資格を持っていれば、正常な分娩であれば、医師の指示なしで、独自で扱うこともできます。妊娠や出産以外にも、母子のケアをはじめ、年齢とともに変わっていく女性の身体や心の変化や、不妊や性感染症、月経障害などについての、相談やケアなども業務範囲となります。

つくには?

助産師も保健師同様にまず看護師国家資格を取得する必要があります。その後、短大の専攻科や専門学校等の助産師教育機関で、1年以上必要な学業を修めることで助産師の受験資格が得られます。また、大学で助産師に関するコースを選択し、4年の期間の中で看護師と助産師の両方の資格を取得する道もあります。なお、助産師は、現在の日本では女性にしかなれない職業です。

関連学科

看護科 など

関連記事

ページトップへ