看護師

超高齢社会でニーズが高まり、専門知識が求められる

どんな仕事?

 治療を受けながら生活する患者さんの援助を行うのが主な仕事です。医療チームの一員として、専門的な知識、技術に基づいて患者さんのケアや診療の介助をします。患者さんの身体と心の両面をサポートし、他職種との連携を図り、患者さんにとってより良い療養環境をつくります。臨床経験後には、認定看護師、専門看護師などのスペシャリストを目指せます。  人口の多い団塊世代が75歳以上の後期高齢者になる「2025年問題」を目前に控え、深刻な看護師不足になることが予想され、看護師の需要はますます高まっています。

つくには?

 看護師国家試験に合格すると免許が取得できます(厚生労働大臣の免許)。国家試験の受験資格を得て、高等学校卒業後に看護師免許を取得するにはつぎのような方法があります。
①高校卒業→看護大学卒業
②高校卒業→統合カリキュラム指定養成施設(4年課程)卒業
③高校卒業→看護短大(3年課程)卒業
④高校卒業→看護師学校・養成所(3年課程)卒業
 その他にも、7年間の准看護師(後述)の実務経験の後、2年間の通信制看護学校を修了して看護師国家試験受験資格を得る方法もあります。准看護師として働きながら単位を取るもので、臨地実習が少ないカリキュラムです。

適性は?

 看護師になるにはまず、心身ともに健康であることがあげられます。さらに、人のためになにかをすることが好きであり、情緒豊かで思いやりがある人柄が求められます。
 また、人口の高齢化、疾病構造の変化、医療の高度化や専門化にともない、これからはさらに高度な能力が必要とされるでしょう。
 何より、病気やケガで弱っている患者に対して、専門知識に裏打ちされた的確なケアと、明るい笑顔で元気づけられることが大切です。

関連学科

看護学科 など

持っていると有利な資格

保健師、助産師、保育士 など

関連記事

ページトップへ