視能訓練士(CO)

多岐にわたる視能検査の専門家

どんな仕事?

視能訓練士(Certified Orthoptist)は、眼科などで医師の指示のもと、視能検査を行うとともに、斜視や弱視を改善するためのリハビリなどを行う仕事です。視能検査は、視力検査、屈折検査、眼圧検査、視野検査、眼底・前眼部の写真撮影と解析、角膜形状検査、電気生理検査、超音波検査など、多岐にわたります。超高齢社会で視機能に異常をきたす事案も増えており、需要が予測されます。

つくには?

視能訓練士の仕事につくには、視能訓練士の国家試験に受験し合格しなければなりません。大学・短大・専門学校などの視能訓練士養成施設に入学して、3年以上学ぶことで受験資格が得られます。あるいは、看護師や保育士の養成機関で指定科目を修了した者であれば、視能訓練士養成施設で1年以上必要な知識や技術を修得すれば受験資格を取得することができます。

関連学科

リハビリテーション学科 など

関連記事

ページトップへ