臨床検査技師

この仕事のインタビューを読む

関連記事を読む

検査のスペシャリスト

どんな仕事?

医療機器で生体データを取得

 臨床検査技師(Medical technologist)は、医療の現場で必要になる検査のスペシャリストです。医師が正しい診断をするためには、患者さんの状態を把握する必要があります。そして、患者さんの詳細な生体データがあれば、より正確な診断ができます。臨床検査技師は、患者さんの身体や患者さんから採取した血液や尿などを、顕微鏡や医療機器などを使って検査し、生体データを取得することを専門にする医療技術職です。

つくには?

正確さ、慎重さが大切

 臨床検査技師の仕事をするには、臨床検査技師の国家資格を持っていなければなりません。その受験資格を得るには、臨床検査技師の養成課程を設置する大学・短大・専門学校(3年以上)を修了するのが一般的な方法です。他には、大学の医・歯学部を卒業する、大学の保健衛生学部や薬学部・理学部・栄養学部などで、指定された科目を履修することでも受験資格が得られます。検査機器やデータを扱う仕事であるため、正確さ慎重さは持っておきたい適性です。また、結果を見て、それが何を意味するのかを判断するために、化学や生物などを基礎とした知識が必要となります。

関連学科

臨床工学学科 など

関連記事

ページトップへ