映画関係の仕事

映画関係の主な職業

つくにはチャート1

つくにはチャート2

日本のアニメ映画は 世界でも大注目

コロナ禍で業界落ち込むも 劇場版「鬼滅の刃」が数々の記録更新

分野について

 日本映画製作者連盟の発表による2020年の映画概況は、入場人数が前年比54.5%の1億613万人、興行収入は54.9%の1432億8500万円となり、最高記録となった2019年とは打って変わって発表以降最低の数字となりました。新型コロナウイルス感染症の流行による映画館の休業や、作品の公開時期の延期が主な要因です。そんな中でも「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は歴代興行収入1位(約400億円)を記録し、世界中でも動員数を増やし続けているという明るいニュースもありました。今後は延期していた作品の公開予定も少しずつ決まり、人気アニメの劇場版作品公開の予定も発表されているため、映画業界の好転に期待されています。
 一方、映画館では、ヘッドフォンを活用した喚起もしやすい劇場「サイレントシアター」や、スマートフォンやPCなどでアプリに応援メッセージを入力するとスクリーンにコメントが流れる「超・応援上映」など、ニューノーマルな時代に合わせた劇場ならではの楽しみ方が登場しています。

お役立ちDATA
初任給例23万3,300円(大手映画会社、大学卒)
活躍の場□映画配給会社 □映像制作会社 □特殊効果プロダクション □芸能事務所 □声優プロダクション
関連資格●映像音響処理技術者資格認定 ●舞台・テレビジョン照明技術者技能認定 ●国際メイクアップアーティストライセンス ●マルチメディア検定 ●日本語文章能力検定 etc.

関連記事

ページトップへ