公認心理師

国家公認の心理カウンセラー

どんな仕事?

患者を支える心理の専門家

 公認心理師の仕事は公認心理師法で定義されています。心理的な支えが必要な人に対して①心理状態の観察と結果の分析、②相談・助言・指導・その他の援助を行うこと、また、③関係者(家族など)に対して相談・助言・指導・その他の援助を行うこと。さらに、一般の人に対しては④心の健康に関する知識の普及のための教育と情報の提供を行うこと、以上の4項目です。いわゆる「心理カウンセラー」の仕事です。

つくには?

大学の心理系卒業が前提条件

 資格取得には、原則として大学において、公認心理師のための指定カリキュラムを履修しなければなりません。大学の心理系学部・学科卒業が前提条件となります。その後大学院へ進学し、必要科目を修了することで国家試験の受験資格を得るのが主な方法です。大学ではなく公認心理師のカリキュラム要件を満たした専門学校等を経由したケースもありますが、ハードルは低くありません。

関連記事

ページトップへ