環境省レンジャー(自然保護官)

動物と大自然の環境保全・管理を行う

どんな仕事?

生息域の保護と増殖

 国立公園の景観を管理し、利用者に自然の解説などを行うのが環境省職員のレンジャーです。山の荒廃、植物の減少を食い止め、絶滅の恐れのある動物を指定し、生息域の保護と増殖事業を行うのがレンジャーとしての主な仕事です。また、国立公園内の開発・監視、開発規制に関する許認可にも関わります。その他、パークボランティアや自然公園指導員の人材育成などもおこない、その使命は大きいです。

つくには?

公務員試験合格が必須

 国家公務員試験(農学・林学)に合格し、環境省に採用されることが必要です。本省内での勤務もあるため、希望通りのレンジャーになれるという保証はないので、注意が必要です。採用時に積極的にアピールするのもいいかもしれません。自然や動植物が好きで、詳しい知識をもっていなければつとまりません。
 デスクワークと開発現場の巡視業務が、意外に多いということも知っておくべきでしょう。レンジャーの赴任はふつうで3年間、長くても5年間のため、転勤は避けられません。

関連学科

野生生物保全学科、生物環境学科 など

関連記事

ページトップへ