栄養士

この仕事のインタビューを読む

関連記事を読む

栄養のスペシャリストとして健康をサポート

どんな仕事?

生活により身近なプロに

 栄養士は、栄養学に基づいて、栄養バランスのとれたメニュー(献立)の作成や調理方法の改善など、栄養面から健康な食生活をアドバイスする専門職です。生活習慣病の予防・治療を食事面からサポートするなど、その役割の重要性も高まっています。活躍の場は、保育所、幼稚園、小・中学校、病院、官公庁、企業の社員食堂、福祉施設、研究所など多彩。フィットネスクラブやドラッグストアに勤務し、利用者の栄養・健康相談に応じているケースも増えています。「食」の情報が氾濫しているいま、身近に相談できるプロの存在が必要とされています。

つくには?

栄養士養成施設を卒業

 厚生労働大臣の指定する養成施設で、所定の課程を履修し卒業すると、無試験で栄養士免許(国家資格)が取得できます。
 養成施設には大学・短期大学・専門学校などがあり、修業年限は大学が4年、短期大学が2年、専門学校が2年〜4年となっています。取得できる栄養士免許は同一ですが、上級資格である「管理栄養士免許」の国家試験受験資格を得るために必要な実務経験年数に違いがあります。

関連学科

栄養士科、健康栄養学科、人間栄養学科 など

関連記事

ページトップへ