システムアナリスト

ソフトウェア技術者を統括する仕事

どんな仕事?

 システム開発に関する最上流工程の仕事です。顧客企業の課題や業務フロー、システムの詳細などを綿密にヒアリングし、既存システムの評価・分析を行います。また、情報戦略を念頭に置き、ヒアリングや分析した内容をベースに具体的な情報システムを立案・企画し、課題解決へと導きます。
 課題を見つけ出すコンサルタント、システムを構築するエンジニア、企画を提案する営業としての側面を併せ持つ非常に高度な職種なため、経験を積んだ人が高みを目指して就くことも多いです。

つくには?

 SE以上に高度な知識と技術が必要とされるため、プログラマーやSEとして経験を積んでから就くことが多いです。大学・短大・専門学校のコンピュータ関連学科や経営情報学科などで基礎知識を修得すると良いでしょう。主に、ソフトウェア企業、システムコンサルティング会社などで活躍します。

関連学科

情報システム学科/情報学科 など

関連記事

ページトップへ