日本語教師

外国人増加でニーズ高まる

どんな仕事?

近年日本に滞在する外国人が増えつつあり、日本語教師のニーズは高まっています。日本語教師は、国内で在日外国人に日本語を教える仕事と、海外で現地の人に日本語を教える仕事があります。言葉だけでなく、その意味や用途などについても教えるため、日本の文化や歴史などの深い知識も必要です。

つくには?

必須の資格はありませんが、公的機関で働く場合は、相応の学歴・資格などの採用条件がつく場合があります。国内の日本語学校では、日本語教育能力検定試験合格が採用の目安になる場合が多いようです。

関連学科

外国語学科、国際交流学科、英語学科、国際コミュニケーション学科 など

関連記事

ページトップへ