バイリンガルセクレタリー

ボス直属の国際秘書

どんな仕事?

バイリンガルセクレタリーとは、外資系企業などで業務をこなす国際秘書です。日本の大手企業の秘書業務は、社長室、秘書室、総務などに配属されチームで仕事をすすめるケースが多いようですが、外資系企業の場合は、外国人のボスに直属して、ひとりで秘書業務をこなすケースがほとんどです。
 ですから、自分とボスの仕事の進め方を独自に工夫する必要があります。要求される語学力は高く、英語以外に得意な言語も持ち合わせているようなトライリンガルとしての素養も場合によっては必要とされます。

関連学科

国際ビジネス学科、外国語学科 など

関連記事

ページトップへ