放送通訳士

分かりやすい表現で最新ニュースを伝える

どんな仕事?

日本のニュースを外国語に訳すのが放送通訳士の仕事です。通訳の方法は「同時通訳」と「時差通訳」です。あらかじめわかっているニュースなどの場合は、テレビ局にニュースが届き次第翻訳し、ニュース映像に合わせながら翻訳した原稿をもとに通訳します。これが時差通訳です。
 しかし、自然災害や事件、事故など予想もつかないような出来事など、少しでも早く視聴者に届けたいニュースは、同時通訳で行われます。かなり高度な技術と多くの知識が必要なうえに、生放送に対する冷静さ、一般の視聴者にわかるような表現力が必要です。

関連学科

外国語学科 など

関連記事

ページトップへ