業界ニュース

【業界就職最前線】業界を問わず求められるグローバル人材。選択肢が多い今こそ、企業研究は念入りに

ホテル・ブライダル・トラベル・エアライン・国際関係・公務員

当社では、語学・ホテル・ブライダル・トラベル・エアライン系の学科・コースを設置している大学、専門学校などにアンケート調査を実施。就職の現状や就職指導のしかた、業界の展望などの“生の声”を入手しました。就職を取り巻くさまざまな現状について、一緒にみていきましょう。

現在は非常に厳しい状況だが長期的に見れば有望な市場

 観光業界は新型コロナウイルスの影響により、非常に厳しい状況にあります。インバウンド需要の低迷に加え、自粛による国内旅行者の減少、東京オリンピックの延期などが理由となっています。採用に関しても大手企業で採用活動を中断するなど決して好ましい状況とはいえませんが、この状況を脱するために日本人向けの旅行プランやオンラインのサービスの強化など、各業界で新たな取り組みにも力を入れ始めています。
 今年度の求人件数については、「求人数については変動はありませんが、1社あたりの採用数については昨対減少している印象です。」(大阪ベルェベルビューティ&ブライダル専門学校/神戸ベルェベル美容専門学校)、「減少した。1学年175人(定員)に対し、総求人数は8,409人(2020年度実績)。やや減少。ホテル、旅行会社、ブライダル企業は厳選採用となった。」(京都ホテル観光ブライダル専門学校)という声が聞かれました。また、2021年3月卒業生の就職状況については、「特に変わらない。就職希望者の内定率はほぼ変わりなかったが、卒業後アルバイトを継続する学生が例年より増加した。」(埼玉女子短期大学)、「悪くなった。日本人に関してはほぼ変わらずの内定率は確保できたが、留学生は大幅に減少しました。」(東京観光専門学校)、「特に変わらない。」(日本鉄道&スポーツビジネスカレッジ)となりました。
 ここ数年の学生の内定先や志望する業界・職種の変化としては、「勤務地については多少の変化はありましたが、業界や職種については特に変化はありません。」(大阪ベルェベルビューティ&ブライダル専門学校/神戸ベルェベル美容専門学校)という声が多く、一方で企業側の学生に求めるものの変化としては、「どちらともいえない」(ホスピタリティツーリズム専門学校大阪/大阪ブライダル専門学校/大阪ホテル専門学校/大阪テーマパーク・ダンス専門学校)という声が多く聞かれました。
 今後の就職動向については、「航空業界、旅行業界については採用の見通しが立たない状況であるが、ホテル業界(特に関西エリア)については、万博の影響もあり比較的採用活動を行う企業が多い。」(ホスピタリティツーリズム専門学校大阪/大阪ブライダル専門学校/大阪ホテル専門学校/大阪テーマパーク・ダンス専門学校)、「鉄道、旅行、ホテル系は、採用数減が予想される。」(日本鉄道&スポーツビジネスカレッジ)と、新型コロナウイルスによる感染拡大の影響が懸念されています。

学校に聞いてみました

Q1.どんな点に力を入れて就職支援を行いましたか?
1.面接指導
2.個人面談
3.実習・インターンシップ

●「辞めない」ためにマッチした企業の選定と選考対策に注力しています。(大阪ベルェベルビューティ&ブライダル専門学校/神戸ベルェベル美容専門学校)
●学校へ企業様をお招きした企業セミナーの充実と就職支援のための授業の確保(東京観光専門学校)
●1年次に学校を通してのインターンシップを企業と連携して開催し、体験型のプログラムを行った。緊急事態宣言で学校が休校になる中、オンラインでの相談や面接練習を実施した。(埼玉女子短期大学)

Q2.企業が学生に求めるスキルに変化を感じますか?
企業が学生に求めるスキルに変化を感じますか?

(出典:当社実施アンケート)

2022年1月21日更新

記事一覧

関連記事

ページトップへ