通訳ガイド

「観光立国」の担い手のひとり

どんな仕事?

外国人観光客の通訳・案内をする「民間外交官」

 観光庁が中心となって実施する「ビジット・ジャパン事業」の効果もあり、外国からの旅行者数は順調に増えています。外国人旅行客をターゲットにした各旅行会社のツアー企画もぞくぞく登場し、その内容もバラエティに富んでいます。この企画を支えているのが「通訳ガイド」です。通訳ガイドは、正式には「通訳案内業」といい、観光目的で日本を訪れた外国人を日本各地に案内し、外国語で説明を行います。
 観光・ビジネスのいずれにしても、外国からのお客様が相手ですから、接客業の要素も大きく、サービスやマナーの知識も充分に身に付ける必要があります。また、外国人客の文化、生活様式、風俗、慣習、宗教、価値観などの違いに対する深い異文化理解が必要ですし、外国人客が特に強く興味を持つ日本の歴史や文化、地理、産業などの日本の特質についても、正確で、詳しい知識を持ち合わせていなければなりません。ちなみに、日本の政治、経済、教育など観光以外のこともよく質問されますので、社会全般についての最新情報を入手しておく必要があります。

つくには?

信頼度の高い「全国通訳案内士」の資格

 昨年まで国家試験である「通訳案内士(2018年1月より全国通訳案内士)試験」(国土交通省実施)に合格し、自分が住んでいる都道府県知事の登録を受けなければ通訳ガイドの仕事をすることはできませんでした。しかし、昨今の外国人客の急増から無資格でも認められる規制緩和が成立し、2018年1月より解禁されました。とはいえ、やはり「全国通訳案内士」の資格は高く評価されているのが現状です。

関連学科

国際コミュニケーション学科、国際文化学科、外国語学科 など

持っていると有利な資格

全国通訳案内士試験(国際観光振興機構)、JTA公認翻訳専門職資格試験(日本翻訳協会)、実用英語技能検定(日本英語検定協会)、TOEIC® L&R TEST(国際ビジネスコミュニケーション協会)、実用フランス語技能検定(フランス語教育振興協会)、スペイン語技能検定(日本スペイン協会)、中国語検定試験(日本中国語検定協会)、ドイツ語技能検定(ドイツ語学文学振興会)など

関連記事

ページトップへ