産業翻訳家

工業技術英語の修得と高い専門性が必要

どんな仕事?

官公庁や企業などで発生する技術に関する文書、具体的には、マニュアルや論文、特許文書、提案書、契約書、製品カタログなどを翻訳します。「実務翻訳」「技術翻訳」と呼ばれる場合もあります。ビジネス翻訳とともに翻訳の仕事の中では主要な位置を占めており、今後ますますニーズが高まることが予想される分野です。

つくには?

働き方はさまざまで、はじめは翻訳会社または一般企業で経験を積み、最終的にフリーランスで働くケースが多いようです。産業翻訳は、専門性が高く、専門用語や業界知識が必要ですから、翻訳学校で確実なスキルと、講師を通じてプロとの人脈を得ることをオススメします。また、特に工業技術英語の文法、語法、文体表現を多く用いますので、工業英語能力検定の資格があると有利でしょう。

関連学科

英米語学科、外国語学科 など

関連記事

ページトップへ