パタンナー

製品の質を左右する重要な仕事

どんな仕事?

 パタンナーとは、デザイナーが描いたデザイン画をもとに、型紙(パターン)を起こす専門職です。デザイナーのイメージを服の形にする、重要な役割を担います。作成したパターンからサイズバリ エーションを展開するグレーディングをパタンナーが行うこともあり、いずれもアパレルCADを使用しています。

つくには?

 服飾系の専門学校、短大、大学で基礎を学んだ後、アパレルメーカーに就職するのが一般的。将来はフリーとして独立すれば在宅でもできる仕事として人気の職業です。また、パターン製作は数ミリの狂いも許されない正確さを求められる仕事です。几帳面で、細かなことに気がつく性格が向いているといえるでしょう。

関連学科

アパレル技術科、ファッションテクニカル科 など

関連記事

ページトップへ