ファッションデザイナー

この仕事のインタビューを読む

関連記事を読む

ファッション業界の花形職業

どんな仕事?

感性+ビジネスセンス

 ファッションデザイナーの多くは、アパレルメーカーに勤務しブランドのイメージや流行、ターゲットに合わせて、服の企画を練り、デザイン画をまとめ指示書を作成するという仕事が主になります。デザイナーとしての表現力や時代を先駆ける分析力はもちろんですが、素材から商品に加工していくまでの生産工程や流通についての知識、ビジネスとして成り立つ商品を計画する力も必要となります。将来的には、自分の会社を設立したり、フリーランスとして活躍する道もあります。

つくには?

とにかくデッサン力をつけよう!

 まず、デザイナーはイメージを形にするために、基本となるデッサン力が不可欠です。そして、そのデザインのテーマやイメージ、ターゲットをパタンナーやソーイングスタッフ(縫製者)、プレスの人たちに説明できるコミュニケーション力も必要となるでしょう。ファッション以外の世の中のトレンドに関心を持つことも大切です。デザイナーになるためには、服飾系の専門学校、短大、大学などで基礎から学び、希望のアパレル企業や個人のアトリエなどに就職することが一般的です。

関連学科

ファッションデザイン科、アパレルデザイン科、服飾科、ファッション科 など

関連記事

ページトップへ