マーチャンダイザー(MD)/ビジュアルマーチャンダイザー(VMD)

この仕事のインタビューを読む

関連記事を読む

美的感覚と分析力で売れ筋商品をつくり出すプロ

どんな仕事?

商品化計画を行う責任あるポスト

 市場を調査し、対象の人にどのような商品がいくらで売れるか、また、どのくらい売り、いくら利益を上げるかなどを計画、決定する仕事です。企業は顧客が望む商品を揃えるために、仕入れや商品開発を行いますが、マーチャンダイザーはそうした商品化計画、販売促進計画を作り、効果的に商品を展示することで、視覚面から売り場を作っていきます。情報収集力はもちろん、感性やセンス、好奇心、さらには営業テクニックまで求められる仕事です。権限が大きい分、責任も大きいですが、それだけにやりがいのある仕事といえるでしょう。

つくには?

自分の好きなブランドを見つけよう。

 特に資格などはなく、メーカーや卸売り、小売業、デパート等に就職するのが一般的ですが、それぞれの業態によって仕事の内容が少しづつ変わってきます。いずれにしてもファッションの知識や感性はもとより、マーケティングなどの経営学の知識、市場の分析力、計数管理能力なども必要とされるので大学や短大で経営や流通について学んだり、専門学校でファッションの知識やビジネスの方法を修得すると有利でしょう。近年はVMDのコンサルティング会社もあります。

関連学科

ファッションビジネス科、ファッション流通科 など

関連記事

ページトップへ