ビューティーアドバイザー(化粧品販売員)

この仕事のインタビューを読む

関連記事を読む

ニーズにあわせた化粧品を提案するプロ

どんな仕事?

最適の化粧品を選び出す

化粧品専門の販売員をビューティーアドバイザー、または美容部員といいます。さまざまな化粧品の知識を身に付け、お客さまの要望に応えるプロフェッショナルです。百貨店などの1階にある各化粧品売り場でお客様の対応をするのが主な仕事です。化粧品の使用方法から、メイクアップなどの技術まで幅広く指導し、商品の魅力を伝える、お客様と直に接するブランドの顔といえるでしょう。店頭販売の他に、新製品の販売の際にはメイクアップアーティストを招いてのショーや、宣伝活動の一環としてメイクの講習会が開かれることもあります。

つくには?

化粧品会社の採用は狭き門

ビューティーアドバイザーになるには化粧品会社の社員として就職するのがスタンダードな道です。しかし、大手化粧品会社のビューティーアドバイザーは人気があり、倍率が非常に高くなっています。未経験で採用に臨むよりも、メイク関連資格を持っている、美容系の学校を卒業している、またインターンシップでの販売経験などが有利になります。さらに、専門学校やスクールに通うことで、就職に関する情報が手にいれやすいことも利点です。

関連学科

ビューティアドバイザー学科、トータルビューティ学科、メイク学科 など

関連記事

ページトップへ