メイクアップアーティスト

シーンに合わせたメイクを施す

どんな仕事?

幅広い分野で活躍できる

 メイクアップアーティストとは、エステサロン、ブライダルといったサービス業から、舞台や雑誌、テレビや映画といったマスコミの分野まで幅広く活躍できる仕事です。さまざまなシーンに合わせてお客様やモデルをメイクアップするため、その場に合わせたメイクの技術が必要になります。また、映画等における特殊メイクや事故や病気による顔の傷跡などをカバーするリハビリメイクなどもあるため、自分がどのようなシーンで活躍するメイクアップアーティストになりたいのかを考えることが大切でしょう。

つくには?

美容師資格の取得でステップアップ

 メイクアップアーティストには特に公的資格はないため、技術を証明できるメイクに特化したカリキュラムのある専門学校や美容師養成施設へ進学することをお勧めします。
 芸能人やモデルを対象とするメイクアップアーティストは美容師免許は必要ありませんが、ブライダルヘアメイクやヘアメイクサロンなどの場合は美容師免許が必須になります。就職する事務所やサロン、企業によっては免許が必須条件になっている場合がありますので、それを見据えた進路選びが必要でしょう。美容師の資格取得を意識した進路選びが必要になってくるでしょう。

関連学科

ヘアメイク学科、美容師科、美容学科 など

関連記事

ページトップへ