専門調理師・調理技能士

調理師の中の調理師

どんな仕事?

衛生管理や食文化にも精通

 専門調理師・調理技能士の国家試験制度は、調理の技術・技能を高めつつ調理師の地位向上を図るとともに、食文化の発展や国民の食生活の向上・改善を目的として生まれた資格です。この試験に合格すると調理師学校の教員資格も与えられます。また、最近は食文化が多様になり高度な調理技術だけでなく、食の安全の面で衛生管理等の知識に詳しい調理師が必要とされているため、活躍の場がさらに広がりそうです。

つくには?

調理師として6年以上の実務経験が必要

 専門調理師・調理技能士は、調理師免許を取得してから所定の実務経験(8年、調理師専門学校卒業者は6年)を経た後に受験資格が得られます。学科試験と各分野(日本、西洋、中国、麺、すし、給食用特殊料理)に区分された実技試験に合格することが必要です。

●受験資格

区分 実務経験年数 実務経験年数のうち
調理師の免許を
有していた期間
実務経験による者 8年以上 3年以上
厚生労働大臣の指定する調理師養成施設において1年以上調理に関する学科を修めた卒業者 6年以上 3年以上
職業能力開発促進法に基づき、調理に関し専門課程の高度職業訓練または普通課程の普通職業訓練修了者 7年以上※ 3年以上

*専門課程の職業訓練とは「調理技術系調理技術科」のこと
*普通課程の普通職業訓練とは、「調理系日本料理科」「調理系中華料理科又は「調理系西洋料理科」のこと
※普通職業訓練または高度職業訓練を受けた機関を含む

関連学科

調理科、調理技術科、調理師本科 など

関連記事

ページトップへ