ラジオパーソナリティ

ラジオ界の花形職業

どんな仕事?

 ラジオ番組における司会進行役です(番組によって一人の場合と複数の場合があります)。ディレクターの指示に従いながら、番組に届いたリスナーからのお便りを読んだり、曲をかけたりしつつ、そのトークで聴取者(リスナー)を楽しませます。生放送の場合、アクシデントに対処するためのアドリブ力も必要です。ラジオの性質上、かつては声以外知られていないという場合もよくありましたが、トーク中の映像をリスナーに届けられるネット配信番組の普及で、その姿がメディアに露出する機会も増えました。

つくには?

 最初からラジオパーソナリティに専業でなる人は少なく、アナウンサー、ナレーター、声優などを中心に俳優、タレント、歌手など他業種の人が抜擢される場合がほとんどです。アナウンス系の学科・コースがある学校で勉強しておけば、いざめざす際に心強いと思われます。

関連学科

アナウンス科/DJ&アナウンスコース など

関連記事

ページトップへ