タレント

モニターの向こうで華々しく活躍

どんな仕事?

トークや個性がセールスポイント

 主に芸能事務所に所属している芸能人を指しますが、アナウンサーなどの放送局関係者や作家などの文化人、スポーツ選手といった他の分野での活躍がありながらもテレビ出演が多い人をタレントと呼ぶこともあります。軽妙なトークなどの才能・個性をセールスポイントに、例えばバラエティ番組やクイズ番組、トーク番組の司会者やレポーター、ゲストとして活躍します。個々のキャラクターが売り物ですが、それを活かしてコマーシャルやドラマなどに出演することもあります。

つくには?

いかに機転が利くかが重要

 タレントになるための決まった方法はありませんが、タレント養成スクールや音楽・演劇関係の専門学校などで学び、オーディションを受けて芸能プロダクションに所属するケースが多いようです。ただ、学校を優秀な成績で卒業してもタレントになれるとは限りません。また、収入は不安定で、下積み時代が続くこともあります。番組の趣旨に合わせてトークを展開して笑わせたり、涙を誘ったりと突然要求されるアドリブに瞬時に対応できる、器用で機転の利く人が向いています。

関連学科

芸能バラエティ科/芸能タレント学科/パフォーミングアーツ学科/演劇学科 など

関連記事

ページトップへ