アナウンサー(レポーター・キャスター)

ニュースを届けるプロフェッショナル

どんな仕事?

ニュース以外にもバラエティで活躍

 テレビやラジオの報道番組などでニュース原稿を読み、情報を伝える仕事です。他にも天気予報や交通情報、インタビューや現場レポートなども担当します。また、バラエティ番組の司会やナレーション、スポーツの実況中継など、話し言葉のプロとして幅広く活躍します。視聴者に情報を的確にわかりやすく伝えることはもちろん、スポーツ中継においてはルールや選手について精通し、バラエティ番組では多くの出演者をうまくまとめながら進行することが求められます。

つくには?

正しい日本語を扱えるように

 放送局が正社員としてアナウンサーを採用する場合、大学卒か短大卒を条件とするところがほとんどです。視聴者に情報を正しく伝えるためには、発声や滑舌など、言葉を正しく美しく話す技術が必要です。そのため在学中はアナウンサーを養成する専門学校へ通ったり、放送研究会に入ったりして、発声や発音・アナウンス技術を身につける方が有利とされています。また、テレビやラジオが社会に与える影響は大きいので、日本語の正確な意味や社会常識なども必須です。

関連学科

アナウンス科/フリーアナウンサーコース/DJ&アナウンスコース/声優・アナウンス科 など

関連記事

ページトップへ