ホテル・ブライダルの仕事

ホテル・ブライダルの主な職業

つくにはチャート1

つくにはチャート2

世界各国のお客様を笑顔でおもてなし

外国人観光客の増加で主要都市のホテル不足が問題化

分野について

 厚生労働省の発表によると、2016年の日本全国のホテル営業軒数は10,101軒(前年度比134軒増)、旅館営業軒数は44,744軒(前年度比4,083軒増)であることが分かりました(厚生労働省「平成28年度保健・衛生行政業務報告」より)。観光庁によると2017年の国内の宿泊者数は4億9,819万人。それに対し、全国の宿泊施設はホテルと旅館合わせ約5万軒で、特に大阪、東京などの都市部では客室稼働率が80%を超え予約が取れにくい状況です。
 ホテルの形態は、立地や単価によりカテゴリー分けをしています。たとえば立地を基準にすると都市部にあり、平日はビジネス客、週末はレジャー客を主とする「シティホテル」、観光地や保養地に立地するのが「リゾートホテル」、大都市のウォータフロントや公園に並んで立地するのが「アーバンリゾートホテル」と呼ばれます。シティホテルの機能に自然とのふれあいやリラクゼーション機能が付加されています。また、シティホテルより低料金でビジネスマンの出張などに使用されるのが「ビジネスホテル」。反対に高価格帯の外資系を中心としたシティホテルは「ラグジュアリーホテル」と呼ばれています。このラグジュアリーホテルは2003年頃から各都市に乱立し、その後震災や不況の影響を受け客足は落ちこみましたが、この数年で外国人観光客が増えたことにより、再度、都市部を中心に相次いで開業しています。
 ホテルの種類により、客層や目的が変わり、サービスの内容も大きく変わりますが、お客様に“くつろぎの空間”を提供することに変わりはありません。

お役立ちDATA
初任給例約16.5万円〜19.9万円
(参考資料:厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」)
活躍の場□シティホテル □リゾートホテル □テーマパークホテル □ビジネスホテルetc.
関連資格●実用英語技能検定 ●ホテルビジネス実務検定試験 ●TOEICR L&R TEST ●レストランサービス技能検定 etc.

関連記事

ページトップへ