DTPデザイナー

出版物や印刷物の原稿を組み上げる

どんな仕事?

電子メディアの制作にも関連する

 書籍、雑誌、ポスター、パンフレットなど、主に商用の印刷物や出版物をDTPソフトを用いてデザインする業務を担当するのがDTPデザイナーです。DTPとは、Desk Top Publishingの略。文章、写真、デザイン、レイアウトなどをすべてデータ化し、印刷のための原稿をコンピュータの画面上で作り上げるシステムのことです。
 DTPの技術は、電子書籍、DVD、インターネットといった電子メディアの制作とも関連しているため、DTPデザイナーはマルチメディアのスペシャリストとして注目されています。

つくには?

コンピュータのほか編集の知識も必要

 仕事につくには、コンピュータやアプリケーションの操作技術だけでなく、編集・レイアウトの知識などが要求されます。また、業界全体の決まりごとや現場での問題点などを理解することも大切です。大学・短大・専門学校などのDTP関連学科で、総合的な知識や技術を身につければ就職に有利です。主な就職先は、出版社、広告代理店、編集・デザインプロダクション、印刷会社などがあります。経験を積みフリーで活躍する人も多いです。

関連学科

DTPデザイン科 など

関連記事

ページトップへ