Webエンジニア

Webサイトの基礎をつくる

どんな仕事?

Webサイト上で動くプログラムを開発する

 Webエンジニアは、WebサイトやWebを利用した業務システムなどの制作においてプログラムの作成を担当します。Webサイトの基本的な機能は情報を表示することですが、現在では色々なことが可能になっています。ネット販売やGoogle Mapのストリートビュー、経路検索など、ユーザの命令によって情報を複合的に入手できるようなWeb上のシステム開発もWebエンジニアの仕事です。WebエンジニアはWebサイトの企画を行うWebディレクターや、デザインを行うWebデザイナーなどと連携しながら最適なWebサイト制作の一翼を担います。

つくには?

Webの基礎知識と技術を学ぶのが有利

 大学・短大・専門学校の情報通信・クリエイティブ系学科で基礎知識と技術を総合的に学んでおいたほうが有利です。HTML/CSSやJavaScript、PHP、Javaなどのプログラミング言語を勉強しておくといいでしょう。

関連学科

情報システム学科/IT・Web学科

関連記事

ページトップへ