Webディレクター

Webコンテンツ制作のまとめ役

どんな仕事?

制作スタッフをまとめてWebコンテンツを作る

 Webディレクターは、自社の企画あるいは顧客からの依頼によるWebコンテンツ制作のプロジェクトを統括します。デザインを担当するWebデザイナー、システムやプログラムを担当するWebエンジニア、その他Webサイトのコンテンツに必要なライターなどさまざまなスタッフを取りまとめて指示を出し、プロジェクトの進行管理や全体のマネジメントを行う職業です。Webコンテンツ開発を行う上級職で監督者の役割を果たします。Webディレクター自身は、サイトの制作を行うというよりも人との交渉、企画、プレゼンテーション、監督の仕事を行うのでデザイン力、技術力よりも、コミュニケーション能力、折衝能力、管理能力、クオリティをチェックする能力が重要になってきます。

つくには?

Webデザイナーなどを経験するルートが一つ

 Webデザイナー、Webエンジニアを経験して、ディレクターになるルートが一つです。学歴や資格は不問ですが、大学・短大・専門学校の情報通信・クリエイティブ系学科で基礎知識と技術を総合的に学んでおいたほうが有利です。

関連学科

Web技術科/Webデザイン科/Webクリエーター科

関連記事

ページトップへ