レクリエーション介護士

施設利用者、要介護者に笑顔を届ける

どんな仕事?

介護現場では、レクリエーション需要は高まる一方です。しかしレクリエーションを専門に学ぶ機会は少なく、多くは介護者のセンスやテクニックによって左右されやすいのも事実です。2014(平成26)年に民間資格として認定を受けたレクリエーション介護士が注目を集めています。自分の趣味・特技を活かし、アイデアや着眼点によって、高齢者に喜ばれるレクリエーションを提供します。

つくには?

テキスト、DVDを使って在宅で、また認定講座を提供している大学や専門学校などに通学し学びます。添削課題をクリアし、試験に合格すれば資格を取得できます。介護福祉士とは違い、レクリエーションに特化した補助的な資格となりますが、高齢者一人ひとりと向き合い、最適なレクリエーションを提案することで、生きがいのお手伝いをします。介護現場や在宅介護での活躍が期待されています。

関連記事

ページトップへ