公認パラスポーツ指導者(公認障がい者スポーツ指導者)

スポーツ指導で障がい者の社会参加を促進

どんな仕事?

 スポーツで障がい者をもつ人の社会参加を促進します。スポーツクラブ等で障がい者の指導を行ったり・イベントや大会で運営をサポートします。初級パラスポーツ指導員、中級パラスポーツ指導員、上級パラスポーツ指導員、パラスポーツコーチ、パラスポーツトレーナー、パラスポーツ医の6つの資格でパラスポーツを支えています。

つくには?

 公認養成講習会を受講します。認定された大学・専門学校に在学し、該当するカリキュラムの単位を取得するという選択肢があります。
(※2023年4月より指導者制度の名称が「公認障がい者スポーツ指導者制度」から「公認パラスポーツ指導者制度」に変更となりました。これに伴い指導者資格の名称も変更されています。)

関連学科

人間総合学科、福祉スポーツ学科 など

関連記事

ページトップへ