コピーライター

キャッチコピーで心をつかむ

どんな仕事?

 広告や商品(雑誌や新聞、テレビCM、ポスターなど)におけるキャッチコピー(宣伝文)をつくる人のことを言います。広告や商品を人々の目に留まらせるために、斬新で印象強いキャッチコピーを考えなくてはなりません。そうしたコピーを数多く考え、最終的に一つに絞り込みます。さらに、広告や商品の売り込み文句を考えるため、その広告や商品のコンセプトを深く理解する必要があり、読解力や高い企画力も要求されます。

つくには?

 大学や短大、専門学校などで言葉や文章の勉強をし、広告代理店、広告制作会社に就職して宣伝部に所属。そこで働きながら経験を積み、コピーライターになる、といったやり方があります。

関連学科

広告デザイン科/マスコミ出版・芸能学科/マスコミ広報学科 など

関連記事

ページトップへ