アニメ脚本家

アニメの世界観を作り台本にまとめる

どんな仕事?

 ドラマなどの脚本家と同じく、登場人物のセリフや場面転換など、物語の内容を台本にまとめる仕事です。原作のないオリジナルアニメ作品の場合は、監督と相談して世界観や設定を作り、一から脚本を書いていくことになります。プロデューサー、監督、演出家、アニメーターなど、いろいろな人と話し合いながら脚本を仕上げていきます。

つくには?

 特に資格は必要ありませんが、魅力ある内容に仕上げる表現力と文章力が必要です。映画やドラマの脚本家と同様に独学で腕を磨く人も専門学校などで基礎を学ぶ人もいます。その後、コンテストなどに作品を応募するなどして、デビューのきっかけをつかみます。実写ドラマなどの脚本家やゲームのシナリオライター、小説家など他分野の人が声をかけられることもあります。

関連学科

文芸創作学科/文芸表現学科/マンガ・アニメーション学科/放送芸術科 など

関連記事

ページトップへ