CGデザイナー・CGアニメーター

3D全盛期の人気デザイナー職

どんな仕事?

フルCGのアニメも年々増加

 CGデザイナーは、コンピューターの専用ソフトを使って映像やイラストを描く仕事です。クリエイターのスケッチを元にCG画像を作り上げるほか、自分で構想を練り作品を仕上げるケースもあります。
 華やかで表現力の高いCGは、いまやビジュアルデザインに欠かせない存在です。本やWebサイト、映画、テレビ、ゲームなど、あらゆるメディアを彩っています。専用のグラフィックソフトを使ってイラストを描くCGデザイナーは、あらゆる業界から求められる人気の職業です。また、CGでアニメーションを描くCGアニメーターも、アニメ制作の中で重要な役割を担っています。自動車やロボットなど一部のキャラクターをCGで動かすアニメは数多く、セル画を使わないフルCGのアニメも珍しくなくなっています。

つくには?

人気も、問われるレベルも高い

 デザイン事務所や制作プロダクションなどに就職して経験を積みます。フリーとして独立して仕事をする人もいます。
 CGデザイナー、CGアニメーターともに、仕事につくために特別な資格はありません。しかし、CG系の学科がある専門学校、または美術系の大学・短期大学でCGやデザインの技術を学んでおくことが早道でしょう。

適性は?

いろいろ興味を持ってセンスを磨く

 CGデザイナー、CGアニメーターはコンピューターやCGの技法・理論に関する知識、プログラミング力などの能力が求められます。それらについては専門学校や大学などで学ぶことができます。またイメージする概念を形にするための発想力や表現力も大切です。ものを作ることが好きで、探求心があり、細かい作業を嫌がらない忍耐力がある人は向いているでしょう。
 もちろん、デザインセンスや美的センスも重要なため、いろいろなことに興味を持ってさまざまな情報を仕入れ、センスを磨くことも大切です。

関連学科

エンターテインメントソフト学科/グラフィックデザイン学科/3DCGデザイン科 など

持っていると有利な資格

CGクリエイター検定、マルチメディア検定、画像処理エンジニア検定

関連記事

ページトップへ