キャラクターデザイナー・メカニックデザイナー

アニメキャラの生みの親

どんな仕事?

表情から衣装まできちんと決める

 アニメに登場するキャラクターをデザインします。デザイン画は原画家がキャラクターを描く際の参考にするため、衣装や主な表情など、キャラクターの基本的な設定をきちんと決めなくてはいけません。また、アニメの中で動かしやすいようなデザインにまとめることも求められます。
 メカニックデザイナーはアニメに登場するロボットや飛行機、車など機械系のキャラクターをデザインします。また、怪物などのキャラクターをデザインするモンスター(クリーチャー)デザイナーなどもあります。

つくには?

原画家からのスキルアップで

 アニメのキャラクターデザイナーは、原画家が経験を積み、実力をつけてから担当することが多いです。デッサン力はもちろん、豊かな表情やポーズなど、監督の意に沿った「芝居」を全身でできるキャラクターを描ける力量が必要です。なお、メカニックデザイナーはインダストリアル(工業系)デザインの経験があると心強いでしょう。

関連学科

キャラクターイラスト学科/マンガ・アニメーション科/デザイン芸術学科/総合デザイン科 など

関連記事

ページトップへ