声優

この仕事のインタビューを読む

関連記事を読む

アニメキャラに命を吹き込む、声の演じ手

どんな仕事?

役者自身にとらわれない演技ができる

 声優とは、アニメのキャラクターなどに声をあてる仕事です。俳優と大きく違う点は、一人の声優が子どもからお年寄りまで、男女の区別なく、さらには動物やロボットといった具合に、役者本人の姿にとらわれず、幅広い役をこなせることです。ただその分、俳優とは異なる形で、高い演技力が要求されます。洋画の日本語吹き替え版の声優やラジオパーソナリティ、TVのナレーション、時には舞台やイベントなどで歌やトークを披露するなど、活躍の場は幅広くあり、エンタテインメント業界で欠かせない存在となっています。

つくには?

養成所を経てプロダクションに所属

 一部のフリーで活動している人を除き、声優の多くは声優プロダクションに所属しています。順序としては学校を卒業した後、まずは声優養成所に入ります。養成所では発声法や演技のやり方、歌やダンスなど声優の基礎訓練を約1年間続け、卒業後、プロダクションに入社したら、晴れてプロの声優となります。その後は、プロダクションから紹介されるアニメなどの仕事のオーディションを受け、合格したら台本を受け取ってレコーディングとなります。なお、劇団などで演技力を磨いた後、養成所に行かず直接声優プロダクションに入る人もいます。また、プロの俳優や歌手が兼業したり、本格的に転向したりする場合もあります。朗読コンテストや学生対象のオーディションで良い成績を残すなど、学生の間にもデビューに向けて挑戦する気持ちも大切です。

適性は?

声だけでなく表情や動きも大事

 物語の登場人物や身の回りの知人など、自分ではない誰かのことを演じたりすることが好きな人は、適性ありです。
 なお、声優は声の演技だけできればいいというものではなく、身振り手振りや表情を含めた、「普通の演技」ができないといけません。それこそが演技の基礎であり、声優も俳優と同じく役者であるからです。また、日本語を正しく話せることも、声の仕事にとって大切です。

関連学科

声優学科/声優養成科/放送声優科/声優タレント学科/パフォーミングアーツ科 など

持っていると有利な資格

・特になし(漢字能力検定、文章読解・作成系の技能を身につけていると便利) etc.

関連記事

ページトップへ