警察犬訓練士

長い歴史の使役犬の代表格 直轄と嘱託の2種類がある

どんな仕事?

警察犬は警察の出動要請があると、担当訓練士とともに出動し犯罪捜査に協力します。警察犬には直轄犬と嘱託犬の2種類があります。直轄犬は、警視庁や県警のもとで管理・育成されている犬です。嘱託犬は、民間の訓練所に委託され、管理・育成される警察犬です。全体の9割程度が嘱託犬です。

つくには?

直轄犬トレーナーになるには警察官にならなければなりませんが、どの部署に配属されるかはわからないので、かならずしも警察犬の担当になれるとは限りません。嘱託犬トレーナーの場合は、民間の訓練所に入所し、3~4年間指導を受ける必要があります。警察犬トレーナーになるのに、とくに資格は必要ありませんが、公認訓練士としての資格を取得しておくと有利です。次の3団体がそれぞれ認定制度を設け、試験を実施しています。
(一社)ジャパンケネルクラブ、(公社)日本シェパード犬登録協会、(公社)日本警察犬協会

関連学科

ドッグトレーナー学科 など

関連記事

ページトップへ