盲導犬訓練士(盲導犬歩行指導員)

目の不自由な人の光となる 一人前になるまで5年以上

どんな仕事?

福祉の精神と根気強さが大事

 視覚障がい者の目となり歩行を誘導する盲導犬(盲人誘導犬)のトレーナーは、犬を訓練するだけでなく、視覚障がい者が盲導犬とともに歩けるようになるまで、歩行や世話のしかたを指導します。
 犬好きであることに加え、ねばり強く、努力家であることも求められます。盲導犬の育成はチームワークでおこなうので、協調性があることもポイント。また、福祉精神をもち、人の喜びを自分の喜びとすることができる人が望まれます。

つくには?

 訓練士になるには、大学や専門学校などで言語聴覚学や社会福祉学などを学んだ後、国家公安委員会が指定した全国で8つある盲導犬連合会加盟施設等に直接に就職し、実務を学んでいく方法があります。一人前になるには5年程度の期間がかかり、また採用自体も常に行っているものではなく、欠員が出たときに行われる、簡単にはなれない職業です。

関連記事

ページトップへ