業界ニュース

【業界就職最前線】動物病院は増加。在宅ワークの広がりとともにペットの需要が高まり、求人も安定

動物・環境

当社では、ペット・動物系の学科・コースを設置している大学、専門学校などにアンケート調査を実施。就職の現状や就職指導のしかた、業界の展望などの“生の声”を入手しました。就職を取り巻くさまざまな現状について、一緒にみていきましょう。

コロナ禍の影響は限定的。ペットの高齢化などにより
動物病院への需要が増えて特に動物看護師のニーズが高い

 近年は、医療の高度化などにより、人間と同じようにペットの平均寿命がのび高齢化も顕著になってきています。高齢の動物は病気などにかかりやすいため、動物病院へのニーズも増えていくことが予想されます。実際に、動物病院の数は年々増加しています。特に都市部で増えている傾向があり、ペットへの医療の需要の高さを表したものだといえるでしょう。
 当社がペット動物系専門学校に対して実施したアンケートでは、「新型コロナウイルスの影響は限定的で求人数に変化はない」と回答した学校が多数ありました。動物看護の求人については、上記の状況もあり、今後も安定していると考えられます。ただし、愛玩動物看護師国家資格の試験が始まれば、この資格の有無や就職後に資格取得が可能かなどが採用の条件になってくるでしょう。
 トリマーの求人についても、例年通り安定していると回答した学校が多数をしめました。ペットショップなどの求人も、同様の傾向です。  動物園や水族館の求人については、学校にもよりますが、働く場所が限られているので、基本的には狭き門ととらえた方がよさそうです。さらに特定の施設で働きたいなどの希望がある場合は、空きポストがあるかなどの運の要素も多分に絡んできます。

実習やインターンシップを重視している学校が多い

 当社がペット動物系専門学校に対して実施したアンケートによると、就職支援で重視したポイントとして、「挨拶・マナー」を挙げた学校が最も多かったです。社会人になって困らないために、基本的なところに力を入れているということでしょう。また、「実習・インターンシップ」を重視している学校も多かったです。インターンシップには、業界の仕事を実際に体験することができるというメリットがあり、仕事に就いたときのミスマッチを防ぐことにも役立ちます。ペット動物系の学校では現場実習を取り入れている学校も多く、就職への意識付けは早期から行っているケースが大半です。

求人は高位で安定 質の高い求人を見極める

 経済状況に左右されにくいペット業界ですが、近年はペットの代表格である飼い犬の数が減少傾向です。猫についてはブームなどもあり、ほぼ横ばいで推移しています。そのかわり一頭一頭にかける金額は上がっており、ペット業界全体の売上は上昇しているのが現状です。
 当社がペット動物系専門学校に対して実施したアンケートでは、どの学校も基本的に求人件数は安定しており、高位を維持しています。チェーン展開する大手企業の求人・採用は各地で積極的に行われています。また首都圏から地方の学生を求めるケースも散見されます。売り手市場の今だからこそ、求人内容や雇用形態を見極め、キャリアデザインに合わせた就業選択が必要になるでしょう。

学校に聞いてみました

Q1.どんな点に力を入れて就職支援を行いましたか?
1.挨拶・マナー
2.実習・インターンシップ
3.個人面談

Q2.企業が学生に求めるもの(能力・資格等)に変化を感じますか?
企業が学生に求めるものに変化を感じますか?

Q3.景気上向きといわれる中、就職状況に変化はありますか?
●変化があった (0%)
●動物業界の就職に関しては、変化は見られない (90%)
●どちらとも言えない (10%)

ペット・アニマル業界 コロナ禍で就職に変化は?

 2019年末からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行は、学校の就職指導にも少なからず影響を与えたと考えられます。ここでは、ペット・アニマル系の専門学校などへのアンケートの回答をもとに、コロナ禍での就職指導の現状を考察してみましょう。
 まず、コロナ禍での就職指導の変化として、「オンラインでの企業説明会を実施」「オンライン面接が増えたので、その対策を行った」といった形で、オンライン企業説明会やオンライン面接を挙げる学校が多かったです。またオフラインでの企業説明会・現場実習なども、期間を限って行われるケースが目立ちました。「現場実習の期間が短かったため、限られた中で自分をアピールできるように指導した」「従前は約30社参加の合同企業説明会を年2回開催していたが、密集を避けるため、個別での企業説明会を数回開催した」などの回答を挙げる学校が多かったです。また、コロナ以前にも教育のIT化の波は押し寄せていたことから、「もともとタブレットを学生に1人1台配布するICT教育を行っていたため、コロナ禍であってもスムーズにオンライン授業へ移行した。その延長線上としてZoomを活用してオンラインでの企業説明会の実施や、個別に就職相談や模擬面接などの対策を行った」と答える学校もありました。
 ペット・アニマル系の就職の将来展望については、「コロナの感染拡大により予測が難しい状況ではありますが、どのような状況でも柔軟に対応しペット業界を担う人材を育てたい」「卒業後も卒業生であれば、いつでも、何年たっても就職斡旋をしております」「2022年5月施行の動物看護師の国家資格化により、動物病院の求人の条件に「資格取得可能な学生」ということが追加されていくと予想される」など様々な返答がありました。

学校に聞いてみました

Q1.新型コロナウイルスの感染症の影響で、業界の就職動向に変化を感じますか?
新型コロナウイルスの感染症の影響で、業界の就職動向に変化を感じますか?

Q2.新型コロナウイルスの感染症の影響で、業界の就職動向に変化を感じますか?
●コロナ禍の巣ごもり需要で、ペットビジネス系からの求人が好調。
●もともと求人数は多かったため、あまり変化はないように思える。どちらかというと法律改正による変化を今後感じそう(求人数のさらなる増加という方向で)。
●テーマパーク系の求人数は減少しているが、ペットショップや動物病院の求人数は増えていくと考えています。
●現場実習の受け入れを断られたり、日数を減らしたりの実施となった。その影響により、生徒も業者様も内定へ向けての判断が、例年よりも遅れた。

(出典:当社実施アンケート)

2022年1月25日更新

記事一覧

関連記事

ページトップへ