開発・設計

新技術を投入して自動車の新しい“カタチ”を考える

どんな仕事?

最先端技術がここで生まれる

 開発・設計部門は、自動車メーカーにとっての存在意義である新車を生み出す重要なセクションであり、技術開発の最先端の部署でもあります。新車の開発は、市場調査を行ってターゲットとする年代層を決定し、コンセプトとなる商品企画を作ります。コンセプトに合わせてデザイナーがスタイルを作成し、デザインを元に新車の原型となるクレイモデルを作り、コンピュータを駆使して細部の設計に入ります。これと並行して行われるのが、基本設計といわれる新モデルの生産ベースを見据えた各種の設計プランで、専門家のプロジェクトチームが蓄積された実績を元に改良を加えていきます。細部の設計は各専門部署で進められます。エンジンの設計では、設計技術者によってシリンダーの内径、変速機のギア比などコンピュータを利用して技術計算をして、エンジンの仕様を決定します。各部署で試作されたパーツは各種の実験が繰り返され、排ガス、耐久性、燃費、操作性などがチェックされます。そして試作車でコースでの厳しいテストを繰り返し、商品としての車の誕生となります。

つくには?

機械工学などの専門知識があると有利

 開発・技術職の採用は、大学、大学院、高等専門学校などの理工系の学部・学科の卒業者を対象とする企業がほとんどです。特別な機械工学などの専門知識に加え、近年は制御系のエレクトロニクスの技術も必要とされています。

適性は?

自動車や機械が好きなことが基本

 物事を3次元でとらえる想像力が求められます。車の完成形を思い描き頭のなかで立体的に組み立てる能力は、図面に線を引いて設計する際に役に立ちます。実作業においては、CADシステムなどの知識が必要となります。

関連学科

機械科、機械工学科 など

持っていると有利な資格

CAD利用技術者試験 etc.

関連記事

ページトップへ