エレクトロニクスエンジニア

電気通信分野の原動力

どんな仕事?

 電気通信分野の原動力となる、電気設備の設計・設置・保全・運用などを担当するエンジニアです。仕事によっては電気主任技術者(電験)国家資格が必要なものもあります。
 具体的には、◦電気工事エンジニア◦電気主任エンジニア◦電気設備設計エンジニア◦プラント(電力関連)エンジニア◦電気工事施工管理技士◦電気サービスエンジニア◦電気エネルギー管理士などの職種があります。
 最近では、IT・電気通信分野の技術者がエコカー開発に関わるなど、求められる範囲が広がっています。

つくには?

 大学、短大、専門学校の情報通信、工学系学科で学ぶことが第一です。さらに、国家試験に合格する必要があります。

関連学科

ホームエレクトロニクス開発学科/電子制御学科

関連記事

ページトップへ