競馬騎手(ジョッキー)

実力がモノをいう厳しい世界

どんな仕事?

 競走馬に騎乗し、レースの勝利を目指すことがジョッキーの仕事です。ただ馬に乗るだけではなく、馬の体調の把握や馬とのコミュニケーションをはかるなどの心づかいが必要なので、馬が好きというだけでは務まりません。大変厳しい世界ですが、実力次第では高収入が得られ、大きな感動や喜びを味わうこともできます。

つくには?

 騎手になるには騎手免許が必要になります。騎手免許の発行元には、日本中央競馬会(中央競馬)・地方競馬全国協会(地方競馬)の2団体があり、中央競馬の場合は全寮制の競馬学校(千葉県白井市)で3年間の課程を修了すれば、騎手免許試験を受験することができ、試験合格後には騎手免許が与えられます。競馬学校の入学資格は、中学校卒業以上で20歳未満の者。また、体重は46~49kg以下(年齢による)、視力は裸眼で左右とも0.8以上など。騎手の引退の平均年齢は30代後半。引退後は調教師など関係する職業につくことが多いようです。

関連記事

ページトップへ