移動体通信(モバイル通信)エンジニア

通信の領域を広める

どんな仕事?

 移動体通信とは端末が移動できる通信のことで、主に携帯電話、PHS、モバイルルーターなどのことを指します。移動体通信エンジニアはそれらの通信環境や設備の保守・管理・設計・開発を行います。現在は地下鉄でも携帯電話が使えるなど、電波の届かない場所が減っており便利になっています。これらは移動体通信エンジニアによる通信設備の建設・保守・管理のおかげによって実現しています。

つくには?

 大学や専門学校などで電気・電子工学や機械工学関連分野を学んでいると有利でしょう。関連する資格として、陸上特殊無線技士(1級〜3級)や電気通信主任技術者、工事担任者があり、取得していると業務の役に立ちます。

関連学科

電気工学科/情報通信工学科

関連記事

ページトップへ