セキュリティエンジニア

増える不正アクセスを防ぎ“情報”を守る

どんな仕事?

セキュリティシステムの構築から運用まで

 企業のインターネット環境や社内サーバーを守る仕組みの構築と運用を行います。仕事内容は、企業などのプライバシーポリシー策定、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)やプライバシーマーク取得のためのコンサルティングなどの「企画」、セキュリティを考慮したコンピュータシステム全般の「設計」「実装・テスト」、システムを動かすための「運用」、安全を確認する「保守」などです。企画から保守までその業務は多岐にわたるため、多くの専門知識が求められます。また、セキュリティに関する最新情報の知識も必要です。

つくには?

セキュリティに関する専門知識を学ぶ

 大学・短大・専門学校などで、セキュリティ運用、ファイアウォール、コンピュータウィルスなどの知識や技能を学んでおくと良いでしょう。また、ネットワークや情報システムを使用した犯罪行為に対抗していくため、高度な技術の習得はもちろん、法律に関する知識を学ぶことも大切です。昨今では、セキュリティへの関心の高さから「情報セキュリティマネジメント」や「情報処理安全確保支援士試験」などの関連資格も多くあるため、取得しておくと有利です。

関連学科

ネットワークセキュリティ科

関連記事

ページトップへ