ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)

この仕事のインタビューを読む

関連記事を読む

ネットワークの屋台骨を支える!

どんな仕事?

ネットワークの構築運用に中心的な役割

 IPアドレスの管理やルーターの設定などを行う、ネットワーク(社内LAN)の構築・運用において、中心的な役割を果たす仕事です。
 具体的な業務としては、顧客企業の既存のネットワーク運用状況を分析した後、新たなネットワークの基本設計を行い、関連機器の導入・設定などにも携わります。さらにOSのネットワーク機能や各種サーバ機能のセッティングなどにも関わっています。
 会社の業務がますますネットワークに依存してきている今、ネットワークエンジニアが背負う責任は大きくなっています。1つの小さなトラブルが会社に大きな損失をもたらすこともあるため、常に細心の注意を払い業務に取り組む必要があります。

つくには?

情報通信の基礎をマスターすることが必須

 ネットワークの構築・運用のために必要な知識は、情報通信の基礎と応用です。ですから、大学・短大・専門学校の関連学科で基礎知識をマスターしておくことが大切です。
 仕事につくには特に資格は必要ありませんが、情報処理技術者試験「ネットワークスペシャリスト試験」などネットワークエンジニア系の検定資格のいくつかをクリアしておけば、技術者としてのスキルが認められます。

適性は?

ネットワークへの理解と論理的な思考力などが必要

 ネットワークエンジニアの仕事は、システムエンジニアと重なる部分が多くあります。コンピュータ、特にネットワークに対する関心と理解が人一倍強いことがまず基本です。緻密で論理的な思考力、情報収集能力、分析力、計数能力などが求められます。もちろん、顧客とのコミュニケーション能力も必要です。

関連学科

情報システム開発科/情報システム学科

持っていると有利な資格

ネットワークスペシャリスト、CCNA、Linux技術者認定

関連記事

ページトップへ