動物看護師

この仕事のインタビューを読む

関連記事を読む

獣医師と飼い主をつなぐ、動物医療現場のエキスパート

どんな仕事?

獣医師の診察や治療をサポート

 主に動物病院に勤め、獣医師が動物を診療・治療する際にサポート業務を行います。例えば診察中の動物の保定、血液検査、薬の投与などがあります。また入院動物の世話や健康管理、診療に必要な器具・薬剤の管理などの仕事の一部です。さらに、スタッフの少ない小さな動物病院では、動物の診療記録の管理、来院したお客様の応対、電話応対、会計業務、清掃など、院内のあらゆる業務をこなします。お客様である飼い主やペットと獣医師をつなぐ橋渡し役であり、院内の業務を円滑にする役割を持ちます。

つくには?

実力証明のため資格取得が有利

 動物看護系の専門学校や養成スクールで学び、動物看護師統一認定機構の認定動物看護師資格などを取得するのが動物病院就職のための確実なルートです。動物病院によっては、動物看護師の求人募集で資格を不問としているところもありますが、任される仕事や就職先の幅が狭く、また将来的に動物看護師資格の公的資格化への動きも高まっているため、学校での学習と資格の取得は必須となっていくでしょう。現在はペットサービスへのニーズが高まっているので、しつけやトリミングの技術も身につけておくのが理想的です。

適性は?

コミュニケーションを中心にオールマイティーな能力が重要

仕事の内容は、動物に関わることだけでなく、非常に広範囲にわたるので、いろいろな仕事をオールマイティーにこなせる力が重要になります。また立ち仕事も多いので、最低限の体力も必要です。動物相手だけでなく、接客や電話応対など人と関わることが多いため、コミュニケーション能力や気配りができることも非常に重要になります。

関連学科

動物看護学科、動物科学科 など

持っていると有利な資格

認定動物看護師、トリマー、公認トリマー

関連記事

ページトップへ