A&R

音楽を世の中に届ける司令塔

どんな仕事?

新人発掘からアーティストを育てる

 A&RとはArtist and Repertoire(アーティスト・アンド・レパートリー)の略であり、レコード会社における職種のひとつです。近年、CDをリリースするための音源(原盤)を制作する会社と、CDを発売する会社が別々というケースが多くなりましたが、そのレコード会社で新人を発掘し、メジャーデビューまでの育成や契約、楽曲制作、さらには宣伝、販促まで、レコード会社の一連の業務の責任者としての役割がA&Rにはあります。かつてはプロデューサーやディレクターなど職域が細分化されていましたが、職務領域が拡大し、よりアーティストに近い立場で総合的なサポートをする司令塔としての仕事といえます。

つくには?

レコード会社に入社して制作部門へ

 レコード会社の採用活動は、新卒の場合は総合職としての採用が主流です。さらに制作職の希望は最も多いため、入社しても全員がA&R職につけないことは承知しておきましょう。また最近では中途採用を行う会社もあり、その際は職種が限定されますので、音楽業界の企業で働きながらチャンスを待つ人もいます。専門学校の音楽ビジネス学科などで学び、まずは音楽業界に入るとチャンスが広がることもあるでしょう。

関連学科

ミュージックビジネス学科CD・音楽制作専攻、音響芸術科 など

関連記事

ページトップへ